ホーム > ワーキングペアレント > 毎日の家事を時短しよう-乾燥機編-

毎日の家事を時短しよう-乾燥機編-

投稿日 : 2018年04月26日   更新日 : 2019年05月28日
カテゴリー : 時短テクニック / ワーキングペアレント
毎日の家事を時短しよう-乾燥機編-の画像

以前の時短記事もそうですが、これから復帰を控えて、二人の子供の面倒を見ながらやっていくに当たりまして、更なる時短への工夫が必要になってきました。

今回は、「洗濯」を一気に改善しました!

洗濯事情を一気に改善!

除湿器が壊れた

前の記事の最後に「洗濯の悩み」と書いてありましたが、この度、遂に導入することが決定しました!

そのきっかけとなった出来事、それは「除 湿 器 が 壊 れ た」。

Panasonic製の除湿器

Panasonic製の除湿器

Panasonicの一番小さい、持ち運びが簡単な除湿器を使っていました。

これは除湿したいところにもっていけば除湿できるし、何かと便利でしたが、壊れてしまいました…。3年くらい使いましたか。

子供が部品なのかごみなのか、何かを排気口に落とし入れたので、それが寿命を速めた原因だと思われます…。今までありがとう。

思い切った決断。乾燥機…!

電気屋に出向いて、初めは除湿器を買って帰ろうと思っていたんです。

同じ型の最新型か、もうちょっとパワーがあるものか…

で、見ていたら、持ち運びできるような除湿器って、パナソニックしか出していないんですね。あとはもう仰々しい大きさ!

一軒家とはいえお世辞にも広いとは言えない我が家に、巨大な除湿器をでーんと置くわけにはいきません。(そもそも部屋干しのスペースだって子供が大きくなってきたらどうすんだっていう課題なのですから。)

このとき、2月。洗濯物は花粉の影響を考えて既に部屋干しでした。

私は働きに行く予定があります。元々、時短を考える上で洗濯事情はネックになっていました。天気考えないといけないし、干しても雨に降られるかもしれないし、風にあおられてどこかに行ってしまうかもしれないし…

「乾燥機、導入しない…?」

除湿器が壊れてしまったときに考えていなかったわけではありませんでした。

ただ、やっぱり高価なんです。除湿器の5~6倍はします。

それに、小さな子供がいる以上、「ドラム式洗濯乾燥機」はハイリスク。

うちはやんちゃなので、2歳児絶対入るだろうと予想されます。事故につながってしまうのは当然避けたい。でも言ってもまだ誘惑が勝ってしまうお年頃。

スタイリッシュでかっこいいなあスペース取らないな、とは思うんですけど。洗濯機はまだ使えますし…

買うなら純粋な「衣類乾燥機」。

設置できるかどうかという問題もありましたが、一旦見積もりに来てもらうことにしてその日は終了。

結果、設置できるとのこと!

但し製品の納品は一か月後とのことで、この間はしばらく部屋干しで頑張りました。夜間に誰もいない部屋で部屋干しモードを稼働させるエアコン…夜間電力を酷使しました。今でも酷使していますけど

いやこれもなかなか乾きはよかったです。でも家の中が冬とはいえとっても暑くなるのが難点でした。。。

乾燥機設置、完了図

洗濯機+乾燥機

洗濯機+乾燥機

 

洗濯機の上に取り付ける形になりました。

使っている洗濯機がPanasonicだったので、選択肢はPanasonic製のみ。上下取り付けは同じメーカーでないと何かと不都合があるそうですね。

乾燥機を導入した感想

実家で乾燥機を使っていたのですが、なんせ10年前の型のイメージのままでした。やたらめったら音がしました。

現在は稼働音もとても静かなんですね。洗面所のドアを閉めてしまえば殆ど気になりません。ボタンのかちゃかちゃする音はある程度仕方ないですが、それでも気になるレベルではないと思います。

乾燥機能自体もいい感じです。文句なし。

導入したメリット

  • 洗濯完了後、とりあえず入れてスイッチオンで乾く
  • 洗濯物を干す、取り込むの時短
  • 花粉や黄砂を完全ガード
  • 75℃除菌モードがじわじわくる
  • 毛布がとってもふっかふか

思った以上の時短です。洗濯物を洗って干す、取り込むということが(今は)どれだけ負担だったことかが浮き彫りになってしまいました。

夜洗濯をして乾燥させて朝取り出してたたむ、というスタイルが確立されました。今までは洗濯物を干すのに20分、取り込むのに10分はかかっていたようです。

時間にするとそんなに大したことないんですが、子供の面倒を見ながら、若しくは帰ってきてから干す、ということがどれだけ大変だったか。

干す時間が無くなった分は、そのまま子供に付き合う時間になりました。寝る前にひと暴れするので(なんでだろう)、それに付き合えるようになりました。

導入時期は3月。その後、長男の花粉症が発覚し、外干しがすべてダメになったので、本当に重宝することに…。シーツもすべて乾燥機。

それから75℃除菌モードがついているのですが、これが結構役に立っているようで。

ミルク吐き戻しなどで臭いかも…?な衣類や台所タオルを乾燥させるときなどに使うと、効果があるようでした。臭い戻りがないような気がする(あくまで主観です)。

シーズン的に毛布をしまう時期だったのですが、花粉で外干しできないので、試しに乾燥機の「毛布」モードをかけてみたら…

時間はとてもかかりましたが、30年ものの古い毛布、ちょっとへたっている毛布がふっかふかに大変身!感動しました。

本当にありがとう!

導入したデメリット

  • 乾燥機フィルターの掃除
  • 電気代が間違いなく上がる
  • 洗濯する量の調整
  • そうはいっても乾燥機に入れない方がいい服はある(部屋干しはなくならない)

フィルター掃除は仕方ない、頑張れ。としか…笑

掃除時間 <<< 干す、取り込む時間、ですしね。

電気代は夜間電力を酷使して安く済ませようとしていますけど…

あと、乾燥容量が5kgなので、大人二人と2歳、0歳の洗濯物は一度では終わりません。6kgでも同じだったでしょうけれど。

毎日夜に2回は回します。その他洗濯物があればそれ以上です。

それから、そうはいっても乾燥機任せにしない方がいい服はありますよね。ニットとか、おしゃれ着系。それらは部屋干しします。扇風機が大活躍です。

それでも量が格段に減ったので、干すといっても大した手間ではありません。5分で終わるレベル。量が少ないせいか、そのまま部屋で放っておいても乾いています。

乾燥機の電気代の話

夜間電力を使えば許容範囲内に収まりました。

  • エコキュート込み
  • 在宅時エアコン12時間稼働2台交代制(日中は朝からリビング(週の半分以上)、夜は朝まで寝室でつけっぱなし、2~3時間程度エアコン2台同時稼働)
  • 夜に乾燥機、洗濯物の量が多すぎるときは外干しも併用
  • 雨の日は昼間も乾燥機回すことがあった(月3回程度、1回2時間程度)

夏場に2万円いきませんでした。

乾燥機で日常に安心を。

ただ乾燥機を導入しただけなのですが、天気を読まなくていいので、うっかり洗濯を忘れてしまっても大丈夫。気持ちの余裕が生まれました。

夜洗濯、乾燥→起きてきてたたんでしまうことで、洗濯物は終わってしまいます。これが嬉しい。じわじわ嬉しいです。

乾燥機で、日常に安心を。

余力があれば導入をお勧めしたい時短家電です!

楽しい物造りを

NaoLight

自分のブログやサイトを、楽しく作ってもらえたら。

プログラムを使って望み通りに、拡張しやすく、自分の思うように。

できたときに、すごく楽しい!と思ったら。

控えめに言って、「最高です」。

NaoLight -NAOT-(なおらいと、なおと、と呼んでください)はそんな思いをカタチにする、WordPressのテーマです。

ご購入はこちらからお願いします(BOOTHへ移動します)。

Nao Light-NAOT-公式サイト