ホーム > ワーキングペアレント > ねんねトレーニング…2人目赤ちゃん、新生児のスケジュール

ねんねトレーニング…2人目赤ちゃん、新生児のスケジュール

投稿日 : 2018年01月20日   更新日 : 2019年10月07日
カテゴリー : ねんねトレーニング / 育児 / ワーキングペアレント
ねんねトレーニング…2人目赤ちゃん、新生児のスケジュールの画像

二人目は記憶にあるから、スケジュールなどをしっかり載せていきたいと思います。

二人目は母乳とミルクの混合でしたが、乳頭混乱になったこと、乳頭裂傷がひどくなった、何れ完全ミルク予定、ということもあり、初乳が大方終わった3週目までは母乳との混合、以降は完全ミルクです。

基本の寝かしつけ方法はこちら

1ヶ月の内容はこちらです。

こちらはざっくりとした思い出しまとめですが、一人目の時の様子です。

基本スケジュール

産後3週間は里帰りしていました。

赤子のネントレは実家では理解されないので、しているけどばれないようにそれとなく~みたいな状態でやりました。帰ってきてからが本番です。

基本は「90分起きていたらもう眠い」をルールに、授乳時間と合わせてやっていました。

それから、産後の体なので自分に無理がないようにしていました。本当は朝は7時に起こさないといけないんだけど、自分が眠いから無理、夜中結構起きたから無理、など。それでも途中で修正しつつ、20時にはミルクを飲んで寝かせることを目標にしていました。

  • 7:00 起床、ミルク
  • 7:30~9:00 寝てることが多いけれど、たまに起きている。起きていた場合は8:00~9:00くらいに寝る
  • 9:30~10:30 寝てることが多い
  • 10:30 沐浴(寝ていても起こしていた、お腹が空いていてもミルクをあげないで風呂(理由は後述))
  • 11:00 ミルク
  • 11:30~14:00 寝る
  • 14:00 ミルク
  • 14:30~15:30 起きていることが多い
  • 15:30~17:00 寝ていることが多い
  • 17:00 ミルク
  • 17:30~18:30 また寝る
  • 18:30~19:30 起きていることが多い
  • 19:30 ミルク
  • 20:00~22:00 寝る
  • 22:00 ミルク
  • 22:00~朝まで 間に約3時間置きでミルクを1~2回

一回のミルクの量:80~100 合計:7~8回 560~800ml程度

この時期にあったこと

起きていられない。

この時期、飲んだら寝る、しかも起きない!!っていうことに非常に悩まされました。起こしておくことも大変なんです。

うちの子の場合は何しても起きない図太い子だったので、少し起こしてみて起きなければそのまま諦めて寝かせていました。うるさかろうが少し明るかろうがどうでもいいらしい。それで次に2~3時間空いてたらミルクで再スタート。

稀に寝ないで起きていましたが、その場合は時間を見て「一時間経ったらそろそろ眠い」を合図に寝かし付けを開始していました。

振り分けミルク

本当はお風呂に入る前と後くらいで既定の半量ミルク、としたほうがいい場面があるのですが(時間が空いてしまうため)、それはやりませんでした。

というのも、半量ミルクをあげた日には泣くんです。足りないって。もっとよこせって…

そこで諦めて全部あげると次の「19~20時に最終ミルク」ができなくなる。かといって半量あげて我慢させて残り半量の時間になったときには泣き疲れたのか面倒になったのか眠いのか飲まない。飲んでいないからお腹が空いて半端に起きる。でも少ししか飲まなくて一時間置きになってしまう…

という最悪ループに陥ったので、振り分けミルクはやめました。

沐浴の時間

冬産まれで夕方沐浴させるには寒かったので、日中にしていました。理想は寝る前の夕方17時すぎ、風呂→ミルク→就寝 なのですが。

里帰りから帰ってからは上の子との兼ね合いもあり、日中風呂が必須でした。沐浴→上の子の風呂 だと時間が足りない。

備考

この時期はスケジュールを目指して頑張る、程度です。何事もすぐにはできない…なので、参考程度にしてください。この通りに行っていないとやばい!のではないので。

母乳の場合はジーナ式スケジュールをそのまま参考にした方がいいです。

参考例はこちら → Smile育児

楽しい物造りを

NaoLight

自分のブログやサイトを、楽しく作ってもらえたら。

プログラムを使って望み通りに、拡張しやすく、自分の思うように。

できたときに、すごく楽しい!と思ったら。

控えめに言って、「最高です」。

NaoLight -NAOT-(なおらいと、なおと、と呼んでください)はそんな思いをカタチにする、WordPressのテーマです。

ご購入はこちらからお願いします(BOOTHへ移動します)。

Nao Light-NAOT-公式サイト