ホーム > ワーキングペアレント > 保育園「入園」「転園」「慣らし保育」-合計4回経験しました-

保育園「入園」「転園」「慣らし保育」-合計4回経験しました-

投稿日 : 2019年03月27日   更新日 : 2019年10月12日
カテゴリー : 保育園 / ワーキングペアレント
保育園「入園」「転園」「慣らし保育」-合計4回経験しました-の画像

こんにちわ、エンジニア婦人(@naho_osada)です。
新卒入社した会社を出産のために退職し、産後再就職した後に二人目を妊娠、育休を取得しました。現在はフリーランスのPHPエンジニアとして活動しています。
4歳と1歳半を過ぎた子(2019年10月時点)を持つ2児の母でもあります。

今回は「慣らし保育」と「転園」についてのお話です。

保育園の一斉入園が年度替わりの4月からということもあり、育休明けて職場復帰、新たな職場に就職するお母さんも多いのではないでしょうか。
秋頃は入園の申し込みも始まりますし、入園、転園、慣らし保育は気になるところですね。

しかし同時に心配になるのも親心。通うことになったら、

  • うちの子、大丈夫かしら?
  • 慣れてくれるかしら?
  • 毎日泣いてしまって行けないのではないかしら?

と思うのも自然なことです。

2人目以上の方はともかく、第一子のお母さんは特に不安なことが多いかと思います。

でも、大丈夫です。みんなが通る道です。そして何とかなります。

私は今度、実に4回目の慣らし保育を体験することになります(2019年4月入園の話、後日追記予定です)

認可外から認可へ転園、そして今回の転園のため(※職場近くから自宅近くの園へ移動)です。慣らし保育は転園するとその都度行われます。

慣らし保育とは

慣らし保育は、その名の通り、子供たちを新しい環境へ慣らすための保育期間のことです。

長くても5日以内には終わることが多いようですが、あまりに慣れない子の場合はこれ以上かかることもあるそうです。

慣らし保育の難易度は年齢と共に上がり、3歳をピークに以降はそれほど苦労しないと思われます。愚図りはあるでしょうけれど、話せばかなりわかる年だからですね。

慣らし保育期間の流れ

以下は園や子供によって異なるので、参考程度に読んでください。

1日目

一時間で終了します。本当に、その場に慣れるための時間です。
一時間ずっと泣きっぱなしになる子も多いと思います。

2日目

二時間で終了します。お昼は食べません。
1日目で慣れてきていると、初めは泣いていても帰りには泣き止んでいる子も多いと思います。お迎えの人を見たら泣くのはご愛敬かも。

3日目

三時間で終了します。お昼を食べてきます。
1日目で慣れてきていると、初めは泣いていても帰りには泣き止んでいる子も多いと思います。お迎えの人を見たら泣くのはご愛敬かも。

4日目

3日目までがスムーズに行けた場合、お昼寝まで行います。14~15時くらいまでの保育になります。

ここでお昼寝ができてしまえば、もう慣れたも同然。朝は泣くかもしれませんが、もう心配ありません。

このお昼寝が一つの難関です。眠くなって寂しくなって大泣き、寝ない子もたくさんいるそうです。父母がいないと寝れない、なんてことになっているともう大変…。
(尚、保育士さんはこの「寝ない子」対策も万全です。さすがプロ)

5日目

お昼寝までスムーズにできていれば、又はお昼寝ができないだけであとは問題がなければ、この日から一日預けられます。

念のためお昼寝までの日をもう一日設けてもいいでしょう。

補足:週をまたぐ場合

土日などのお休みを挟むと子供の慣れが元に戻ってしまい、不安定になることも…
その場合は週明け1日目はちょっと早めにお迎えに行ってあげるなどすると、そのあとがスムーズかもしれません。
それでも前週の慣らしがあるので、すぐに慣れていくと思います。

慣らし保育中の心構え

子供が慣れるための期間なので、この期間中は仕事はほぼできないと思ってください。
特に4日目のお昼寝ができるようになるまでは午前の数時間で終わるので、仕事するよりも待機していた方がいいくらいです。

5日目以降、1日大丈夫になってから少しずつ復職、または就職開始と思っていた方がいいです。

無理していっても、仕事になりません。

ねんねトレーニングはやっておいて!

フリース上下を着せたイメージ(代理役ピカチュウ)

夜に一人で寝るイメージが強いネントレですが、これは保育園通園開始後も大きな効果を発揮します。

添い寝が必要だったとしても、「布団に入ったら自力で寝る」ことは重要です。

保育園はお昼寝時間があります。
抱っこゆらゆらでないと寝ない、とんとんしないと絶対に寝ないなど…初めに苦労します(保育士さんも大変です)。

保育園でなくても、仕事から疲れて帰ってきて、夜は子供が抱っこしてゆらゆらしないと寝ないなんて…地獄じゃないですか。

この本を参考に、ネントレをやっておくことをお勧めします。

ねんねトレーニングシリーズ記事はこちらから、一覧で確認できます。

ねんねトレーニングに必要なものはこちらの記事を参考にしてください。

慣らし保育の注意

保育園から説明があるとは思いますが、4月入園の場合、慣らし保育は原則4/1から開始になります。
どうしても3月からお願いしたい場合は一時保育枠を使って行うことになるかと思いますが、これも枠がとれるかどうか…
うまくいけば、3月末に慣らし保育を終えて、4月初めからお仕事のスタートが切れるでしょう。

預ける側が不安な気持ちを持たないこと

「楽しく遊んでおいで!」
という気持ちで保育園に送っていってください。
その不安、子供に伝わります。慣らし保育が長引いてしまうかも。

「どんな楽しいことがあるかな?」

と話しかけながら登園してみてください。話せなくても。帰りは

「どんな楽しいことがあった?」

と聞いてみてください。話せる年齢なら、教えてくれるでしょう。

転園の場合は特に注意!

転園の場合、3月末までは次の園で慣らし保育を行うことは絶対にできません。一時保育枠でもできません。

というのも、既に園に在籍している場合、その時点で自治体から保育関係の補助が出ています(自分では意識していなくても、そういう仕組みです)。

現在在籍している園があるのに、追加でよその保育園の一時保育枠を使って慣らし保育をしてしまうと、「保育関係の補助金の二重取り」になってしまうそうです。
一時保育枠にも自治体から補助が出ているためです。

そのため、4月から転園の場合はこの一時保育枠を使った3月末からの慣らし保育ができません。どうやっても4月1日から始めるしかないので、覚悟してください。

もう過去の話ですが、私はこの「保育関係の補助金の二重取り問題」で、4月転園ができなかった過去があります。

4月入園のための慣らし保育が仕事の都合上どうしてもできず、折角決まったのにお断りでした(役所から再三いいんですね?と確認されました。…でも仕方なかった、3月末なら慣らし保育できたけど、4月頭はリリースなどの外せない仕事があったから)

※民間で行っている、リフレッシュのためなどでも気軽に(?)使える一時保育は無関係です。あくまで毎日通園する保育園がある場合にこのようなことが起こります。

慣らし保育期間後の試練

無事に慣らし保育が終わった…!と思ってくるのが次の試練。

子供が体調を崩してくることが多い。

次の週いきなりということもあれば、二週間後に発熱して…などのことも多々。

ただでさえ免疫力が不安定で集団生活、慣れないところでストレスもそれなりにあり…と、体調を崩しやすい要素は満載です。

こればかりは、諦めましょう。
リモートでもできないなら諦めるしかありません。

慣らし保育を控える方がいる、職場の方へ

ご自身が慣らし保育経験者であれば既に理解されていると思うので不要だと思いますが、上記の通り、慣らし保育期間中は午前数時間で終了し、実際に勤務するのは難しいと思います。できて顔を出す程度でしょう。

「保育園に預けているのに、なんで数時間で帰るの?」

などと、思わないでください。慣らし保育という、親も子も頑張る期間があるのです。

あなたは新しい学校へ行くとき、職場に行くとき、緊張しませんか?不安になりませんか?

それと同じことを、慣らし保育を控えた方も感じています。

大人はともかく、子供は大人と違い、敏感であることが多いです(慣れるのも早いですが)。そのための大切な期間なので、どうか優しい気持ちで見守ってください。間違っても「なんで仕事してないの?」なんてことは言わないでください。準備期間なので、まだ万全の状態で仕事ができないのです。

また、慣らし保育の後も、上記の通り子供の体調不良でお休みするかもしれません。どうしようもありません。「子供いるから休んでばかり」と思われると思います。思うのは仕方ないのですが(事実休んでばかりになることもあります)、できるだけ表に出さないでください。

休まざるを得ない本人が、一番苦しい思いをしています。申し訳ないと思っています。休んで仕方がないとは思っていませんが、どうしようもないのです。

…よっぽど面の皮が厚い変人でない限り。

我が家の慣らし保育体験談

以下は私の体験談です。

1回目…息子1歳半、12月入園

12月。認可外の施設に入園して、就職しました。

1日目

預ける瞬間から、何かを察していやいや…この日は1時間で終了しました。泣きっぱなしでした。
新しい職場に顔をちょっと出して終了しました。

2日目

2時間。午前のおやつを食べ終わった頃にお迎えでした。
やはり泣きっぱなしだったようですが、おやつを食べて気が晴れたようです。
この日も新しい職場に顔をちょっと出して終了しました。

3日目

お昼まで。給食だったのですが、食べるかどうか怪しい…と思ったら、完食してしまったようです。
預け初めは泣いていたようですが、帰りはにこにこしていました。
この日も新しい職場に顔をちょっと出して終了…

4日目

お昼寝チャレンジです。万一お昼寝しなかったり、泣き叫んでどうにもならなかったら連絡してもらうことになっていました…が、全く問題なかったようです。
この日も預け初めは泣いていたようですが、帰りはにこにこしていました。
連絡がなかったので一日勤務(当時は9~15時勤務契約)しました。

5日目

お昼寝ができてしまえばもう大丈夫ね!という保育士さんの言葉通り、大丈夫でした。朝ちょっと涙目にはなりますが、この日を境にそんなに大変ではなくなりました。自分から率先していこうとする日も増えました。
お迎えでは、まだ遊びたくて逃げるようになりました。

その後1か月の体調不良日

それほど困った記憶がないので、ラッキーだったと思います。小児科通いにはなりましたが、発熱一回程度だった?

2回目…息子1歳9か月、5月転園

5月に認可園に転園が決まりました。ただ、皆さんもご存知5月はゴールデンウィークという長期休暇があります。5月頭からやってもすぐにお休みで慣らしの意味があまりなくなってしまうので、連休明けから慣らし保育をスタートしました。

連休前の4月末からできなかったのは上記の理由の通り…保育関係の補助金の二重取りになるからですね。

既に保育園に通っていたこともあり、それほど期間はかからない見込みでした。実際かかりませんでした。

1日目

預ける瞬間はもうお決まりで母からしがみついて離れません。少し泣いていたと思います。
ずっと泣いているということはなく、気づいたら遊び始めていたそうです。
この日は1時間で終了しました。仕事はお休みしました。

2日目

2時間、午前のおやつを食べてお昼前までです。
預け初めに少し涙ですが、そのあともそれほど長い間泣いていたわけではありませんでした。
仕事はお休みしました。

3日目

お昼ご飯までを予定していました。
この日は午前のみ仕事予定でした。
午前の勤務を終え、お昼を食べて12時半頃お迎えにいったら…

寝てました。

保育士さん曰く、気づいたら自分のお昼寝布団で寝ていたようで…(「布団に入ったら寝る」ネントレ効果…)

すごく悩んだのですが、保育士さんが夕方まででもいいですよ、とのことだったので、結局そのまま職場に戻り(※職場と保育園が近いのでできた)、16時まで仕事をして16時半前にお迎えに行きました(このときは9~16時)。

4日目以降

いつも通り登園しました。8時45分頃~16時半頃までです。

その後1か月の体調不良日

既に通っていたこともあったせいか、いつも通りでした。風邪ひくときはひく。

3回目…娘0歳4か月、4月入園

私が産休、育休を取得し、5月復帰予定の4月入園が叶ったため、0歳4か月で娘は入園となりました。兄と同じ園です。
慣らし保育期間はまだ育休中だったため、週2~3日の登園で過ごしていました。

この時点で完全ミルクだったので、哺乳瓶の心配は皆無でした。

1日目

1時間で終了です。
特に泣くでもなく騒ぐでもなく、家で過ごしている延長線上のようでした。

2日目

1日お休みして次の日。2時間で終了です。
やはり特に泣くでもなく騒ぐでもなく、10時のミルクもいつも通り飲み、家で過ごしている延長線上のようでした。

3日目

1日お休みして次の日。お昼までです。
やはり特に泣くでもなく騒ぐでもなく、10時のミルクもいつも通り飲み、家で過ごしている延長線上のようでした。
眠い時は勝手に寝ているので、もう心配ないというか…ね。

4日目

1日お休みして次の日。1日でした(16時頃)
やはり特に泣くでもなく騒ぐでもなく、10時のミルクもいつも通り飲み、家で過ごしている延長線上(ry
眠い時は勝手に寝ている…。

その後1か月の体調不良日

小児科には行きましたが、熱が出ることはありませんでしたし、感染症にもなりませんでした。ラッキーだっただけか。

5月の復帰後も週3勤務だったため、娘も週3回で通っていました。毎日ではなかったのも大きかったと思います。

2人目は通園している上の子がいれば何かしら感染症を拾ってくるので、保育園に行っているから何かもらってきちゃった!ということはあまり関係ないのかもしれません。

4回目…3歳9か月、1歳3か月、4月転園(2019年10月追記)

以前は私の職場に近い園へ行っていましたが、その職場をやめてしまい、自宅からの通園は遠くなってしまいました。
そのため、前年10月から転園希望を出し、見事4月にダブル転園となりました。
転園の理由は

  • 自宅に近い園のほうが一緒の小学校へ通う子と一緒になる可能性が高い
  • 送迎の時短

の2点です。
二人とも既に保育園生、慣れることも早いだろうと思っていました。

※1歳の下の子はミルク卒業済みでした。

1日目

今までと同じく、1時間で終了です。

年少の上の子は「先生、僕自分でトイレできるんだよ」とできる子アピールをするくらいに慣れていました。
先生と相性が良かったんですね。

問題は1歳クラスの下の子です。
人見知りもあったため、預けるときは号泣。前回は0歳児でよくわからないまま完了していたのですが、やはり諸々わかっていると
「ここどこ!?なんで!?いつものところ(前の園)じゃない!いつもの先生いない!!」
と大騒ぎに…。
お迎えのときまで泣いていることはありませんでしたが、母の姿を見たら泣き出しちゃいました。

泣きっぱなしということはありませんでしたが、1歳子の方が心配になりました。

2日目

2時間で終了しました。

年少の上の子は本当に問題がなく、「まだ遊んでたい」と言って帰るのを渋る始末…

やはり問題は、1歳クラスの下の子。
預け初めは号泣だったものの、この日はおやつの時間(9時半~10時)もあったので、おやつでご機嫌になったようです。
お迎え時はちょっと涙目でした。

3日目

お昼までです。

年少の上の子は全く心配いりませんでした。給食もよく食べ、先生の言うこともよく聞いているようです。

1歳子は2日目同様、預けるときは泣いていました。
ですが、すぐに泣き止んで遊び始めてくれたようです。
お昼ご飯も問題なくたくさん食べたようです。

4日目

ほぼ1日、15時頃までです。

年少の上の子はお昼寝のときにちょっと嫌がっていたようですが、先生と話をして納得したら眠ったようです。

1歳子はお昼寝になったら自分の布団でごろごろしていました。預け始めに泣くだけで、それ以外は特に問題なく元気よく遊んでいました。

次の日からは通常(16時すぎ)のお迎えになりました。

その後1か月の体調不良日

多少鼻水が出ていたなどはありましたが、特に目立つ変化はありませんでした。

年少の上の子はこのあと、8月まで発熱なし、風邪なしでした。

1歳の下の子は既に通っていたこともあり、風邪をもらってくる洗礼はありませんでした。

まとめ

  • 入園でも、転園でも、慣らし保育は必要
  • 大体4~5日かけて行うことがほとんど
  • 転園の場合、保育の二重取り問題が発生するので、転園前の慣らし保育はできない
  • 慣らし保育を控えている方が身近にいる場合、そっと見守ってください
  • 大丈夫、自信を持っていい。あなたの子は、たくましい。

あなたへのおすすめ

毎日、お疲れ様です。ゆるりと休憩しながら、参りましょう。

100袋あったら、たくさん休憩できますね!(?)

楽しい物造りを

NaoLight

自分のブログやサイトを、楽しく作ってもらえたら。

プログラムを使って望み通りに、拡張しやすく、自分の思うように。

できたときに、すごく楽しい!と思ったら。

控えめに言って、「最高です」。

NaoLight -NAOT-(なおらいと、なおと、と呼んでください)はそんな思いをカタチにする、WordPressのテーマです。

ご購入はこちらからお願いします(BOOTHへ移動します)。

Nao Light-NAOT-公式サイト