ホーム > 公開中プログラム > SC Calendar

SC Calendar

SC Calendarはスケジュールを登録できるカレンダーです。

  • 管理画面付き!
  • カレンダーの日付をワンクリックで日付の色を変更可能!
  • 曜日の日本語表記、英語表記が選択可能!
  • 月曜始まり、日曜始まりを選択可能!(※PC版のみ反映されます)
  • 表示するカレンダーの月範囲を指定可能!
  • レスポンシブ対応されているので、同じ画面でスマートフォンからも操作可能!出先でカレンダーを更新したいときに便利です!
  • スマートフォン画面ではカレンダーがリスト表示に自動切り替え!
  • データ保持にCSVファイルを使用しているので、データベース不要!

休日カレンダー、空いている日を指定するカレンダーなどをホームページに表示したいときに最適です。

2018年8月20日 SC Calendar開発秘話を更新しました。

 

ダウンロード

ここからダウンロードできます(GitHubが開きます。)

「Source Code(zip)」をクリックしてください。

画面イメージ

カレンダー

レスポンシブで画面幅によってテーブル表示とリスト表示に切り替わります。

PC版

スマートフォン版

このサイトにも表示しています。

英語表記は曜日、年月が変化します。

管理画面

ログイン

簡易ログイン機能を搭載しています。

登録画面

登録はカレンダーの日付をクリックすることで即時切替ができます。

その他の設定は選択後、「登録」ボタンを押下してください。

英語表記の日曜始まりに切り替えると、このようになります。

導入手順

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

ログインIDとパスワードの変更

ログインIDとパスワードは必ず変更してください。

/sc-calendar/admin/data/login.php

に、ログインIDとパスワードが設定されています。

文字コードはUTF-8です。以下のように設定してください。

define('SCID', '任意のID');
define('SCPASS', '任意のパスワード');

アップロード

任意のサーバーにアップロードします。フォルダ名は変更しないでください。

HTML、PHPファイルなどで表示させる場合

  1. sc-calednarをサーバー上の任意の場所にアップロードします。
  2. <head>内でcalendar.cssjquery.jscalendar.jsをhead内に記述します。パスは適宜修正してください。
  3. 本文中の表示したいところに<div id=”scCalendarMainArea” class=”calendar-area”></div>を記述します。

記述例

<script type="text/javascript" src="/sc-calendar/js/jquery.js"></script>
<script type="text/javascript" src="/sc-calendar/js/calendar.js"></script>
<div id="scCalendarMainArea" class="calendar-area"> </div>

参考例

サンプルページはこちらです。

WordPressの場合

  1. sc-calednarをサーバー上の任意の場所にアップロードします。
  2. <head>内でcalendar.csscalendar-wp.jsをhead内に記述します。パスは適宜修正してください。(jquery.jsはWordpress側で読み込むので不要です)
  3. 本文中の表示したいところに<div id=”scCalendarMainArea” class=”calendar-area”></div>を記述します。

記述例

header.php

~上略~
以下を内のwp_head();の下に記述します。
	<link rel="stylesheet" href="/sc-calendar/css/calendar.css">
<script type="text/javascript" src="/sc-calendar/js/calendar-wp.js"></script>
~下略~

本文、カスタムHTMLなどのウィジェット内

このタグを記述

<div id="scCalendarMainArea" class="calendar-area"></div>

その他

見た目を調整したいとき

同梱の

/sc-calendar/css/calendar.css

を編集してください。管理画面は

/sc-calendar/admin/css/style-admin.css

を編集してください。

動作環境とライセンス

PHP

5.5以上(5.5、5.6、7.0、7.1、7.2で確認済み)

ブラウザ

以下のブラウザで動作確認済みです。

  • Microsoft Edge
  • IE11
  • FireFox
  • Chrome
  • Opera
  • Android8.1.0

ライセンス

SC CalendarはMITライセンスを使用しています。

以下に定める条件に従い、本ソフトウェアおよび関連文書のファイル(以下「ソフトウェア」)の複製を取得するすべての人に対し、ソフトウェアを無制限に扱うことを無償で許可します。これには、ソフトウェアの複製を使用、複写、変更、結合、掲載、頒布、サブライセンス、および/または販売する権利、およびソフトウェアを提供する相手に同じことを許可する権利も無制限に含まれます。
上記の著作権表示および本許諾表示を、ソフトウェアのすべての複製または重要な部分に記載するものとします。
ソフトウェアは「現状のまま」で、明示であるか暗黙であるかを問わず、何らの保証もなく提供されます。ここでいう保証とは、商品性、特定の目的への適合性、および権利非侵害についての保証も含みますが、それに限定されるものではありません。 作者または著作権者は、契約行為、不法行為、またはそれ以外であろうと、ソフトウェアに起因または関連し、あるいはソフトウェアの使用またはその他の扱いによって生じる一切の請求、損害、その他の義務について何らの責任も負わないものとします。

その他お問い合わせ

本サイトのお問い合わせフォームからよろしくお願いします。

その際、本文中などに「Sc Calendarについて」と記述して頂けると早く対応できます。

不具合などについて

本件をリリース前に思いつく限り、且つ私の持つ環境で可能な試験を行っておりますが、ブラウザ、導入サーバーなどの環境の違いから正常動作しないことがあるかもしれません。

その際は、本サイトのお問い合わせフォームからご連絡頂けると幸いです。

可能な限り対応したいと考えております。