ホーム > 技術情報 > Hyper-V LAMP環境を構築-2.ウェブサーバーを作る

Hyper-V LAMP環境を構築-2.ウェブサーバーを作る

投稿日 : 2018年09月09日   更新日 : 2019年10月12日
カテゴリー : 開発環境(Pleiades/Eclipse/Xampp他) / 技術情報 / 仮想マシン / サーバー
Hyper-V LAMP環境を構築-2.ウェブサーバーを作るの画像

こんにちわ、PHPエンジニアのエンジニア婦人(@naho_osada)です。
私はPHPエンジニアとして6年~の経験があります。WordPressは2年~の経験があります。その他、jQuery、HTML、CSSも使用します。
ここでは主に過去に納品した案件や自サイト運営(エンジニア婦人ノート)で遭遇したことについて書いています。

前回は仮想マシンを構築するところまでやりました。CnetOS7が入っています。

※2018年9月18日のPHP脆弱性発表を受けて、PHPのバージョンアップを行いました。関連記事はこちらです。「番外編.PHPのバージョンを7.2.10に更新」。

これを、ウェブサーバーとして機能できるように、色々インストールしていきます。

仮想開発環境を構築シリーズ

  1. Hyper-Vで仮想マシンを作ろう
  2. 仮想マシンウェブサーバーを作ろう
  3. Laravelをインストールしよう
  4. Xdebugを設定しよう
  5. Eclipseでデバッグしよう

システム要件

仮想マシン

  • CentOS 7
  • メモリ 2GB
  • HDD 50GB
  • CPUコア 2

Laravel

  • PHP >= 7.1.3
  • OpenSSL PHP拡張
  • PDO PHP拡張
  • Mbstring PHP拡張
  • Tokenizer PHP拡張
  • XML PHP拡張
  • Ctype PHP Extension
  • JSON PHP Extension

インストールする前に-ネットワークは通っていますか?-

早速コマンドを打ってインストール…と思ったら、エラーが出てきました。

Cannnot find a valid baseurl for repo: base/7/x86_64

意思疎通ができていないみたい…

エラーメッセージ通り検索してみて、その対処法をやってみても一向に接続にならない。

じゃあなんで…と思って、もう一度外部スイッチを見直してみたんです。

設定はされています。これが問題ではなさそう。

途方に暮れつつもあきらめず…と、そこで仮想マシンのGUIを見ていて気付いた!

ネットワーク接続設定!

なんて基本的なことだったのでしょう…外部スイッチを作ったら自動的にオンになるものだと思っていました。ならない場合があるんですね。

この優先をオンにして、無事に繋がりました。

外部スイッチがあるのに繋がらない…という方は、ここを見てみてください。

Apacheをインストールする

Apacheをインストールします。

ネコでもわかる!さくらのVPS講座 ~第三回「Apacheをインストールしよう」

の記述通りにやっていけば、完了します。

yum install httpd

phpをインストールする

ネコでもわかる!さくらのVPS講座 ~第四回「phpとMariaDBをインストールしよう」

最終的にLaravelを入れたいので、ここではphp7.1以上を選択します。

そうすると通常の場所ではないところから落とすことになるようなので、remiさんを使えるようにします。

ここで、私は「epelが入らないよ」エラーに遭遇します。

なので

yum install epel-release

を実行し、最新のepelを入れました。

これで通らない場合はこちらが参考になるかもしれません。

※2018年9月18日のPHP脆弱性発表を受けて、PHPのバージョンアップを行いました。関連記事はこちらです。「番外編.PHPのバージョンを7.2.10に更新」。

yum -y install --enablerepo=remi,remi-php72 php

無事にphpが入れられたら、これでOKです。

phpinfo();

で7.2のphpが入ったことと、同時にphpが動作していることを確認します。

まあ、こんなこともしましたけども。

MariaDBをインストールする

折角なのでMariaさんにしてみました。深い意味はありません。言う通りにやっていったらこうなったと言いますか…。

ネコでもわかる!さくらのVPS講座 ~第四回「phpとMariaDBをインストールしよう」

上記を参考にやっていって、問題なく終わりました。

yum install mariadb-server

phpMyAdminをインストールする

ネコでもわかる!さくらのVPS講座 ~第五回「phpMyAdminを導入しよう」

画面からDB操作できると楽ですよね、やっぱり。

開発環境なので、当然入れます。

yum install --enablerepo=remi,remi-php72 phpMyAdmin

こちらも上記を参考にやっていって、問題なく終わりました。

SSL化はやっていません、あくまで内部用なので。

インストールできなかった場合

もしここでyumが通らない場合、phpのバージョンを間違えて入れている可能性があります。同バージョンでなければremiさん管轄ではないので通りません。

その場合はphpを入れなおす必要があります。

この現象が出たら、たぶんepelが通ってないのにphpインストールしてしまったとか、そんなところだと思います。

こちらを参考に、phpを一旦アンインストールして入れなおします。

yum remove php php-*

まとめ

いつも何気なく使っているウェブサーバーですが、裏では色々なものが入っていて、要求通りに動くように指定の物を入れています。

プログラムを書いているだけだと意識しない部分ですが、サーバー側面も触っておくと理解が深まって良いのではと思います。

yum install

全くLinuxを触ったことがないというわけでもないのですが、本当に久々でした。

CentOS7のターミナルは丸文字でなんかかわいらしさがあるな、と思いながら作業していました。

たまにはこうやって本業とは別の分野もやっておくと、裾野が広がって、また違うところで役に立ちそうと思いました。

次は、ついにLaravelのインストールです。

参考サイト

これを見ながらやれば、大体のことはクリアできます。

楽しい物造りを

NaoLight

自分のブログやサイトを、楽しく作ってもらえたら。

プログラムを使って望み通りに、拡張しやすく、自分の思うように。

できたときに、すごく楽しい!と思ったら。

控えめに言って、「最高です」。

NaoLight -NAOT-(なおらいと、なおと、と呼んでください)はそんな思いをカタチにする、WordPressのテーマです。

ご購入はこちらからお願いします(BOOTHへ移動します)。

Nao Light-NAOT-公式サイト