ホーム > 技術情報 > Hyper-V LAMP環境を構築-1.Hyper-Vで仮想マシンを作る

Hyper-V LAMP環境を構築-1.Hyper-Vで仮想マシンを作る

投稿日 : 2018年09月09日   更新日 : 2019年10月12日
カテゴリー : 開発環境(Pleiades/Eclipse/Xampp他) / 技術情報 / 仮想マシン / サーバー
Hyper-V LAMP環境を構築-1.Hyper-Vで仮想マシンを作るの画像

こんにちわ、PHPエンジニアのエンジニア婦人(@naho_osada)です。
私はPHPエンジニアとして6年~の経験があります。WordPressは2年~の経験があります。その他、jQuery、HTML、CSSも使用します。
ここでは主に過去に納品した案件や自サイト運営(エンジニア婦人ノート)で遭遇したことについて書いています。

今回は、Hyper-Vで仮想マシンを作ってみました。
最近話題の、PHPフレームワーク、Laravelを使ってみたいですね。

仮想開発環境を構築シリーズ

  1. Hyper-Vで仮想マシンを作ろう
  2. 仮想マシンウェブサーバーを作ろう
  3. Laravelをインストールしよう
  4. Xdebugを設定しよう
  5. Eclipseでデバッグしよう

システム要件

仮想マシンで作るので、まずHyper-Vが使えるマシンなのか、確認します。

Hyper-Vのシステム要件はこちらにあります。

Windows 10 Homeの場合は使えないので、Proにアップグレードする必要があります(こういうことやろうとしている方は大体Proだと思いますが)

メインマシン

  • Windows 10 Pro
  • メモリ 8GB
  • HDD 500GB
  • CPUコア 6

仮想マシン

  • CentOS 7
  • メモリ 2GB
  • HDD 50GB
  • CPUコア 2

仮想なので、実際使ってみて不都合だったら色々変えてみます。とりあえずはこちらで。

Laravel

  • PHP >= 7.1.3
  • OpenSSL PHP拡張
  • PDO PHP拡張
  • Mbstring PHP拡張
  • Tokenizer PHP拡張
  • XML PHP拡張
  • Ctype PHP Extension
  • JSON PHP Extension

CentOs 7をダウンロ―ド

こちらからISOイメージをダウンロードします。

DV ISOをクリックするとダウンロードできるURLの一覧が表示されるので、適当なところをクリックしてダウンロードします。重いので気長に待ちます。

Hyper-Vの有効化

Hyper-Vが有効になっているかどうか確認します。

コントロールパネル>プログラム>Windowsの機能の有効化・無効化を選択します。

Hyper-Vにチェックが入っていればOKです。入っていない場合はチェックを入れます。

再起動を促されますが、イメージをダウンロード中の場合は終わってから再起動をかけます。

四角の中が黒い場合、すべての機能の有効ができません。BIOSからHyper-Vの使用を有効にする必要があります。その場合も再起動が必要なので(以下略

BIOSで有効化する方法はこちらを参照してください。

仮想マシンを作る

ISOイメージをダウンロードして、Hyper-Vをオンにして再起動も完了したら、ようやく仮想マシン作成に入ります。

Hyper-Vマネージャーを起動

右側の「新規」をクリックすると「仮想マシン」「ハードディスク」「フロッピーディスク」と出てくるので、「仮想マシン」を選択します。

ウィザードで決めておいた設定を入力します(メモリ、HD容量など)

OSには先ほどダウンロードしたCentOS7のイメージを指定します。

最後に確認画面が出るので、問題なければ「完了」を押下します。

特に細かい設定はないので今回は第二世代で作成しました。

セキュアブートをオフにする

この状態で起動するとエラーが起きて起動できません。

今回の場合、ダウンロードしたファイルからOSを起動しようとしているのですが、それが信頼できないから実行できないよ!」ということでエラーになっています。

今回の用途は内々の開発用で公開予定はないので、セキュアブートをオフにします。

起動しました。

起動した後は日本語に設定をして、GUIツールをインストールしておきます。

ウェブサーバー運用ですが、そこはデフォルトに頼らず、自分でyumインストールしていきます。

完了すると仮想マシンの再起動を要求されます。

再起動をすると、今度はライセンスの確認が入ります。

同意して完了します。

言語やキーボード入力、位置情報の設定、その他アカウントの連携を聞かれます。

言語は日本語、位置情報と他アカウントの連携は使わないのでなしにしました。

GUI表示がでました!

次はPHPやapacheなど、Laravelをインストールするまでに必要な準備をしていきます。

楽しい物造りを

NaoLight

自分のブログやサイトを、楽しく作ってもらえたら。

プログラムを使って望み通りに、拡張しやすく、自分の思うように。

できたときに、すごく楽しい!と思ったら。

控えめに言って、「最高です」。

NaoLight -NAOT-(なおらいと、なおと、と呼んでください)はそんな思いをカタチにする、WordPressのテーマです。

ご購入はこちらからお願いします(BOOTHへ移動します)。

Nao Light-NAOT-公式サイト