ホーム > コラム > 幼保無償化と増税と庶民(2019/10/1)

幼保無償化と増税と庶民(2019/10/1)

投稿日 : 2019年10月01日
カテゴリー : コラム
幼保無償化と増税と庶民(2019/10/1)の画像

私が子供の頃は、特に私が小学校にあがってからの弟の保育料が高くて大変だったと散々言われてきた。保育園は累進性があるため、比較的裕福な層に入っていた家庭では負担がそれなりにあったことは否めない。

そのときに子育てをして生き抜いてきた世代からすると、ずるく見えてしまうことがあるのも致し方ないことかもしれない。

2019年10月1日から、消費税10%の増税及び軽減税率の導入と、幼稚園・保育園の無償化、通称「幼保無償化」が開始された。

幼保無償化については、我が家は上の子が年少組で丁度恩恵を受けることになる。

二人が同じ保育園へ通園している我が家は、上の子が年少クラス、下の子が1歳クラスだ。年少以下は無償化の対象外のため、上の子のみ、保育料が0円になる。

ここで注意しておきたいのは、あくまで「保育料が0円になる」ということであり、その他費用は今までと変わらずかかってくる。

自治体によってもその額は異なると思うが、静岡県静岡市では給食費はこれまで「保育料に含む」とのことで年少以降の主食費以外の支払はなかった。しかし、今後はこれがかかってくるようになる。

それでも、上の子の給食費と下の子の保育料を合わせても数万円が浮くことになった。それぞれの家庭でこのような恩恵を受けることになった人は多いのではないだろうか。

また、静岡市では(多くの自治体がそうであろうと思うが)同時に保育園に通う子供が複数いる場合、上の子が全額、第二子が半額、第三子以降は無料になる。

国が行う幼保無償化に伴い、第一子の保育料が0円になり、第二子が3歳未満クラスの場合は全額かかるようになるのではないかと懸念したが、それは杞憂となった。同時に保育園に通う我が家では下の子の保育料は半額のまま据え置きだ。

保育料が無償化で数万円が浮く一方、遂に消費税が10%に引き上げられた。食品は8%据え置きの物が多いとはいえ、多くのものが商品に対して10%の税金がかかってくる。

家計は苦しくなるのか、それとも楽になるのか、はたまた実質プラマイゼロになるのか。しばらく生活してみないとわからない。

それでも、過去に子育てをしていた世代からは、多少はずるく見えるかもしれない。しかしそれとは別の形で、幼保無償化の恩恵を受ける世代もまた負担を担っているのだ。

庶民は決められたルールに基づいて生活していくだけだ。新たな世界に適用していかなければ、生き抜けない。

今後どうなっていくのか、ゆるりと見守りつつ生き抜いていきたいと思う。

楽しい物造りを

NaoLight

自分のブログやサイトを、楽しく作ってもらえたら。

プログラムを使って望み通りに、拡張しやすく、自分の思うように。

できたときに、すごく楽しい!と思ったら。

控えめに言って、「最高です」。

NaoLight -NAOT-(なおらいと、なおと、と呼んでください)はそんな思いをカタチにする、WordPressのテーマです。

ご購入はこちらからお願いします(BOOTHへ移動します)。

Nao Light-NAOT-公式サイト